Img_b823aae6e2136f4b7388a1a77835411f28d850cb
住吉さんの夏祭りへ。
(平日だけど、子ども達を連れてってあげたい、っておとーさんが早く帰ってきてくれた!)
キャッチアンドリリースの約束で、金魚すくいする。
Img_2f1dd1f5ce0d1426396ab11fbd8a1af7361d0996
タイちゃん、あっというまに大きいのと小さいのと2匹すくってびっくりした。じょうずじゃん!
Img_8d54e46e0ba96269333910b3ebd95bee72051853
タマちゃんは…わあ!1匹ゲットしてる!
と、思いきや、これはずるっこなんです(ためらうことなくボウルを水に沈めてスルッと1匹)。
その悪びれなさにこれまたびっくりw
Img_0afe7180ef5098150aff33e00592c6617cd7be34
玉子せんべいにかき氷、串パイン(タイちゃん)と串メロン(タマちゃん)、帰り道はベビーカステラの袋をさげて歩きながらもぐもぐ。
金魚以上に屋台を楽しみました(^^)
Img_eedd9efff41c67d0895dc5e45e28ae45c120fe9b
この日が初あんよ、その後7月29日にぺた、ぺた、ぺたぺたぺた!と一気に15歩も歩いたのを皮切りに、もうどこまでも歩くようになってます。
モモちゃんのために、新しい靴を1足買いました。
さっそく試し履きで仁王立ち。
(初めての靴の感触に戸惑って、実はここからどうにもこうにも動けないでいるのです。)
Img_5c936f2b0577a114e12fa2a0a7ceb96d40694503
水ではなく風が出るお人形用シャワーブースで、ブシュー!ブシュー!とペダル踏みながらタイちゃんとタマちゃんが全身をブラッシング。
くまを選び、綿を詰め、毛並みを整えてあげてお洋服を選んで、
Img_eb0a465e0cb9c0b007de18b9ce20e40a719e0d1b
このくまがうちに来ることになりました。
来週に誕生日が迫ってるタマちゃんが、さも自分のであるかのように抱えてますが、これはモモちゃんの。
このかんのバタバタでお出かけがすっかり延びて今ごろになっちゃった、1歳の誕生祝いです。

タイちゃん1歳のときの人形屋さんはとっくになくなっちゃって、タマちゃん1歳のときのくま屋さんは大きいサイズのくまを作らなくなったっぽくて、…モモちゃんのくまはさてどこへ選びに行ったもんか、またしてもくまを売る店を探すのに時間かかりました…。
いっそ、もうシュタイフにする!?って血迷いそうになりながら、結局、最後まで気になってた「笑顔でない」という条件を外すことにしてビルドアベアへ。
関西はショップが少なくて、4年前は八尾まで行った!で疲れ果てたのに、こんだ昆陽池(※兵庫県です)のイオンモールまで。くま1匹求めてどこまではるばるか…。

とは言え、選んだくまに好みの量の綿を詰め、ハートを中に入れて仕上げたり、出生証明書が発行されたり、ぬいぐるみを大事にできるよう、そんな手順を楽しませてくれる雰囲気がすごく好ましかったです(コムサドールもそうだった)。
Img_4ec6476667f8340f449301ef9cde6399971e1415
…うちの黒いソファに同化しちゃってるけど…
モモちゃんのくま「もこちゃん」。命名、おとーさん。

店員さんが「この子はたぶん、男の子ですねー」て言うのを、うんそうだよね、でも女の子服を着せられてる感とか、ふだん男の子に間違えられてばっかりのモモちゃんにぴったりだ!と、その設定のくまを我が家では女の子にして選んできました。
タマちゃんのココちゃんに比べてずいぶんでっかい。
仲良くしてね。
Img_1581cfc97d21a6684a697b950e3f1e015dd49092
タマちゃん5歳になりました。
ついこないだ生まれたような気がするのに、早ーい。
Img_43ee6a0b6ff06c345b17211968a5333c3852ba93
おめでとう!
ハッピーバースデーの歌に、自分で拍手するタマちゃん。
なんせ2ヶ月ぐらいも前から、心待ちにしてたもんね。
“おうちでケーキ”の今日のあと、今月下旬に“ほいくえんでおたんじょうびかい”があるから、「タマキ、もうすぐに6さいになるしなー」とか言うてます。
Img_10677abcffaef71d40ecefbd4f8fb08baea1e026
ところで、今年はサプライズプレゼントがありました。
おとーさんおかーさんからの贈りものとは別で、わくわくを必死で隠してたタイちゃんから、タマちゃんに。
タイちゃんから受け取り本当に心からびっくりしたらしいタマちゃんは、びっくりしてずっと爆笑してました。
Img_2bd0adbd30f9a90cd731f06198c6b40cd00b56b0
今月のおこづかいをもらったその日に「ぼく、今日ちょっとひとりでトイザらスに行きたいねんけど」と言って自転車で出かけていき、1ヶ月分のおこづかいをほぼ使い切る値段の小さなぬいぐるみを買ってきたタイちゃん。
先日、モモちゃんのくま選びで店内のぬいぐるみに目を輝かせてたタマちゃんを見て、「タマキも人形ほしかったかなーと思って」とこれを選んでくれたんだってよ。
Img_9b67423604bc961dbc378f3f58f9ce810c15d793
その場でこの子に「ちっくん!」と名前を付けて、まじまじ眺めたり、顔を見ては「めぇでかっ!」とまた爆笑したり、それから嬉しくってぎゅーっと抱きしめたり。
よかったねぇ。
嬉しい誕生日でした。
Img_9013e5d89e375969515fb29487beb28cd30351b5
新幹せーん。
わくわーく。
子ども達は見るのも乗るのも初めてです。
タマちゃんとモモちゃんは、府外へ出るのだって初めて。
Img_893db4fd76afc3866a00af8793972c1de6b0321a
今から乗ります。
Img_770dc721de3c61afaf8e1544f1ef60a881984dcc
行き先は、東京ディズニーリゾート。
2泊3日、宿泊を伴うお出かけはこれが初めてという我が家ですよ。
楽しみすぎ。行ってきまーす!
Img_20250a39f87c441d90b3d9c9a9a0c13aefed6d1d
ホテルに到着。
そうだろうなーと思ってたけどあんのじょう、大阪~東京までの新幹線では、このしれっとくつろいだお嬢さんがまーあギャン泣きの大暴れで、2時間半の車中のうち1時間以上を、夫婦交代でデッキ抱っこして過ごしたしょっぱなからどうなるの?な道中ですよ。
すっかり疲れちゃって、部屋に落ち着いた途端「お昼寝でもしちゃおうか」という誘惑と戦いながら(おとーさんとおかーさんが)、お部屋でちょっとだけ休憩します。
Img_f90ca58e30f271fef682933fd1167529ea91da84
子ども達が喜んでくれるかなってためだけに、ヒルトン東京ベイ。
天井は青空模様、壁に木々の葉っぱとふくろう、これらのキャラクターが登場する絵本が2冊置いてあって、タマちゃんはさっそく夢中で読む。
Img_2341ffed8bd374c3ad22512dddeef5aa3e7d8d71
なんか面白げな仕掛けもいくつか用意されてるんでした。
(鍵穴に鍵を差し込んだら、ピカー!とか)
(…それだけw)
Img_74ad92d079ac1d5c8e44cd7e392957db3d7234fe
お部屋すっごく喜んでくれた(嬉しい、よかった)!
ごきげんさん。
Img_fbe8ed7d3df30d1fd35fd0bcc32fe94793970e54
新幹線に乗ってからこっち、タイちゃんとタマちゃんはずっとテンションが高く、楽しく大暴れ。
シングル3台くっつけて置いてもらってたので、広いベッドにもはしゃいで、
キャー、ウキャー、ドスン、バタン!
ホテルの部屋に入っただけでこれでは、ミッキーさんのとこへ乗り込む前にエネルギー使い切っちゃう。
出かけないとー。
Img_77136f21050c0115b113aaf33f7939b283b873df
1日目ー。
ディズニーシーへ。
Img_e7c69e954a68225f5fd98edf76763e811a9110f5
…到着その日ですので、夕方からの入園です。
夕暮れのなか、ほとんど「園内を散歩」気分でウーロウロ。
Img_494e9a9f1c9db55c24c4c9cd8b5a743ce7d64937
タマちゃんとモモちゃんいるし、派手なアトラクションには、はなから乗るつもりはありませんでした。
でも、タイちゃんには、何か面白そうなんあったらおとーさんと並んでおいでよ?ホラこーんな怖ろしげなコースターあるよ、チャレンジしてみたら?って声をかけたんだけど、
「えー、ムリ!」
「これは怖いやろ」
「ぼく、いいわ」
って、及び腰。
さすがタイちゃん…筋金入りの恐がりは、遊園地の乗り物も冒険しません。
Img_e2cd1f77b7f0a53ccdda41af6e0a86f2dcd20a98
それで、赤ちゃんのモモちゃんも一緒に楽しめる、ジーニーのメリーゴーランドやらジャスミンのフライングカーペットやらに家族みんなでウキウキと乗りこみ、
「楽しい!」
「楽しいー!」
と大満足だったんでした。
タイちゃん可愛すぎ。
Img_570b8ac518fd469a1ac68425d563e56c91419f79
2日目ー。
ディズニーランド。
まさかの雨~…。

ホテルで朝ごはんを食べてる時には、横殴りのざんざん降りでした。
入園する頃には、小降りになった。
可愛いレインポンチョ要らなかったかな?

雨なんかちっとも気にしないで、タイちゃんとタマちゃんはあいかわらずテンション高いです。
このあとタマちゃんはシンデレラ城にまっしぐらです。
Img_2744e5722697f38ea8c22c23ea414bd72a7825d2
↑携帯待受サイズ(我が家用)。クリックで原寸。
事前にミニーちゃんワンピースも買ってもらって、旅行までにすっかり気分も盛り上がってたタマちゃんが、ディズニーランドへ行ったらしたい、と何度も何度も言ってたことが3つありました。

ひとつめ。
「ホテルに泊まりたい」
…ま、これは自動的に叶います。叶いました。

ふたつめ。
「シンデレラ城に行きたい」
うちにあるディズニーのDVD『シンデレラ』を観たのです。これも、アッサリと行けちゃう予定。行こうね。

みっつめ。
「ミッキーかミニーちゃんに会いたい」
うーん…園内でそうそう出くわすことができるもんなんかね…(実際、ショーやパレードで見る以外には会えませんでした。残念)
「…それか、スティッチか」
「シンデレラのおひめさまか」
「プーさんでもいい」
ずいぶん繰り下がりではあるけども、「会いたい」の希望だったプーさんに遭遇することができました(^^)
人だかりの外から何度も呼びかけて順番待ちして、一緒に写真も。

あとで、なぜかひそひそ小さい声で、おかーさんに教えてくれました。
「プーさんな、おててがすっごいふわふわやった」
それはタマちゃんだけの思い出だ!
「プーさんぎゅって抱っこしてくれて、やさしいからタマキうれしかったー」
よかったねぇ。
Img_5e19eb691fd4af556838e8c51656257d9b463e98
念願のシンデレラ城に行きます。
タイちゃんとおとーさんは別にいい、とのことなので、モモちゃんをまかせておかーさんとふたりで入城。
Img_7747d969961fd536a50f6c4b963e39d38d762753
小さくて可愛い展示物のひとつひとつの前で、見入っちゃって動かないタマちゃん。
くるくる踊るシンデレラと王子様に釘付け。
Img_1761dcce99e4eef7782f403e269f30335074dcaa
ここでも順番待ちして、お姫様の椅子に座りました。
Img_c1afbdeef42144f2d2b2ec78dc4a507e2555700e
それから、ガラスの靴!

ところが
「あし、いれられへん」
って言うからよく見てみたら、靴の造形になってなくて、本当に中に足を差し込めない。
…この靴にぴったり合う人が出てきたら、その人がシンデレラってことになっちゃうから、だーれも入れられへんようになってるんちゃう?
「タマキおひめさまなりたかったけどなー」
Img_5958ccf5fa4d1858f519867c20bf1c8ba8f23727
ガラス職人さんが仕事披露するのを見られるシンデレラ城のショップで、ティアラや指輪にうっとり見とれてたら、店員さんが「ミニーちゃん、どれがいい?」「試しに付けてみてもいいよ」とタマちゃんの指に指輪をひとつはめてくれました。
そしたら調子に乗って、自分でどんどん試着するタマちゃん…つけすぎw

鏡に映して、やっぱりうっとり。
タマちゃんやっぱり女の子。可愛いなぁ。
Img_518a8574ab3e0012b67ceac81f44db9ae1a664e8
お昼。休憩。
Img_7d7024553d95b92b67805f7648dbb652e575b51d
ミッキーマウスのグローブの形のパン!
見た目だけでメニュー選んでます。
Img_9c15de96c95bc2bc03b6c77fec509a94a8dd11fd
マイク・和ゾウスキ。ねりきりです。
おかーさんの(^^)
Img_11cadaf8e00747ceb1666f22afc257adb82d6319
マイクとサリーの赤い車にも乗ったしね!
Img_a436ad0dd1ce94bca67f50c3737f9caaac1cbef5
ポップコーン休憩。
休憩ばっかりなのだ(^^)

モモちゃんも、ベビーカーでこまめに睡眠を取りながら、だいたい機嫌よく過ごしてます。
Img_296efb2d403377ffb3900fd086621bd10ba394c9
旅行中、写真はあんまり良いの撮れませんでした…。
モモちゃんの面倒みるの第一にしてて、カメラ自体そんなに頻繁に構えなかったのもあるし、たとえ撮っても、ぶれてたり暗すぎたり。
そんななか、パレードやショーでキャラクターを写したのは、しろうとの偶然で見本のように絵になるのがいっぱい残ってた。
うちの子ども達のはブレブレなのに、彼らばっかりベストショットでもなぁ…と思ったけど、これはこれで、タマちゃんが目をキラキラさせながら見返してくれてるから、良い記念か。

タマちゃんが「かわいいー」「ミニーちゃんかわいいー」と大絶賛でぶんぶん手を振ってた、昼のパレードのミニーちゃん。
Img_5ebbdb18724efaadaf9d904fc8de23e0442d1aa2
シンデレラとプリンス・チャーミング。
Img_1107e8ba7a961d8fb713ab5ef62ab39ea1d47dc2
ベルと野獣の王子様。
Img_abf1717319c5a6a4203d756043687d295cb8d419
パレードの最後のティンカーベル。
朝の雨がなかったみたいに、午後は晴れました。
Img_fcfcecbb59dd6cd41a58cba060841e9c38f233fe
あ、これはうちのタイちゃんでした。
しかめっつら(※まぶしい)。
Img_83c05cec6a7dc2d6248751efac28fdf0
小さい赤ちゃん連れで長時間列車に乗る旅行をすることは、私達夫婦にとってあまり乗り気でないイベントでした(我が家は車を持っていません)。
赤ちゃんにとっても、連れていく私達にとっても、負担のほうが大きいからです。
夫婦揃って基本的に大変な出不精で、「旅行」そのものに大した興味を持ってないのもあります…。
その理由ひとつで、大きな家族旅行はしないまま、でも「タイちゃんが4歳になったら行こう(それぐらいに育った子なら旅を楽しめるし、手もかからない)」…と思ってたらタマちゃんが生まれ、「タマちゃんが4歳に」の年にモモちゃんが生まれ。
まーあうまいこと次の赤ちゃんが生まれてくるので機を逃し続けて、あっというまに10年。
第1子タイちゃんが、10歳になってしまいます。
お年頃も近く、言うてるまに「家族旅行」を手放しで喜んでくれる年齢じゃなくなるのでは!?

旅行の2日目、本日2012年8月14日は、実は私達夫婦の10年目の結婚記念日なんでした。
(おめでとう、私達!)
モモちゃんが4歳になってない(笑)けど、この記念の年の、記念の夏に、頑張って旅行にチャレンジするのも良いのではないかしら、と思った次第でありました。
行き先がディズニーリゾートなのは、単純に子ども達(とくにタイちゃん)がずっと行きたがってたから。

大変だけど、楽しい旅行になるはず。
夏休み、かつ盆休みどまんなかで、旅行代金はスペシャルな出費でしたが、夫婦の結婚記念日が夏休み、かつ盆休みどまんなかなので仕方ないわー、と割り切って出発。
Img_f9a24033aace92176f25ae1c65989a7e
…それでも、たった1歳2ヶ月のモモちゃんを、真夏の遊園地で連れ回すのは、やっぱりかわいそう。
ゴールデンウィークの反省もあります。
タイちゃんとタマちゃんを楽しませつつ、でも、モモちゃん最優先に行動してました。
頻繁に休憩、とにかく休憩。
おとーさん・タイちゃん・タマちゃんが楽しく遊び、おかーさんとモモちゃんはホテルに戻って、2人でゆっくりゴロリンしたのは、これはこれでおかーさんも息抜きできたし、モモちゃんとふたりきりでラブラブするのだって、嬉しかったわー。
Img_81b22e9407a7c9856f4dde8ee18e15e9
旅行は楽しかったかと聞かれたらすごく楽しかったし、子ども達(タイちゃんとタマちゃん)は喜んだかと言えばもうそりゃ大喜びの大興奮だし、本当に大満足だったんだけども、

赤ちゃんを連れての旅行は、やっぱりするもんじゃない、というのが結論の私達なんでした。
モモちゃんは、そーんなに楽しくも嬉しくもなかったと思うのよね。
おうちでのいつもの生活のほうが、圧倒的に好きに決まっておる。

次は、何年後かに。
我が家のいちばん小さい赤ちゃんが4歳になったら、また旅行チャレンジするつもり。

夏休み、かつ盆休みどまんなかに、今度はあのディズニーランドホテルに泊まりたい、という、なんとこれは男ども(おとーさんとタイちゃん!)の希望を叶えようと思ったら、その出費をまかなうには何年も貯金が必要だしね…。わーお。
Img_f958c1e76907e3394d5d463d1ba9d94c
2日目の晩にエレクトリカルパレードを見て、遊園地遊びは終了。
Img_600838d7c9837fca83fa9350416579d7
ぴっかぴかのパレードはモモちゃんも楽しんで、肩車してもらった両足をバタバタさせながら見物してました。
人波がおさまるのをちょっとここで待ってます…
が、モモちゃんは顔にだいぶ疲れが見えますな(^^)
このあと、ここからゲートを出るまでのあいだに、モモちゃんとタマちゃんがふたりとも撃沈~。
モモちゃんを抱っこして、タマちゃんはベビーカーに寝かせて(!)ホテルに帰ったのでありました。
Img_057c0fdc169bd33fd9cc14d1a707a41e
ディズニーリゾートラインの駅で、記念写真。

初めての家族旅行が楽しすぎて、ホテルを出るとき「帰りたくない」とほとんど泣きそうだったタイちゃん。
ゆうべの夜、爆睡する妹2人と違って、タイちゃんは興奮のあまりなかなか寝付かれないから(部屋の照明は暗めに落としても明かりがあって、おとーさんとおかーさんもずっと起きてるし)、夜中の0時過ぎまで、ボソボソと親子3人で他愛のないお喋りをたくさんしました。
ふだんの生活では、タイちゃんがそんな時間に起きてることがまずない、…ていうか、たぶん初めてだ!
でも、その深夜の静かなお喋りも、おかーさんにとってすごく嬉しい思い出になりました。

次にまた旅行に行けるようになるときには、たぶん中学生になってるはずのタイちゃん。
「反抗期やし、オレ行けへん!とか言わんとってね」
と頼んだら、今の時点で
「ぼくがそんなん言うわけないやーん」
とごきげんで太鼓判押してくれてる(^^)

楽しかったね。次も楽しみです。また行こう。